歌手のオーディションに合格するために必見の4事項

オーディションの心得

「歌うことが好き!歌うという事が仕事になれば嬉しい!」

「歌手になるためはどのようにしたらいい?」

「オーディションはどういう所を受ける?」

このようなことで頭を悩ませていませんか?

ここでは、

・音楽業界のシステム
・歌手オーディションのトレンド
・オーディション合格の秘訣
・音楽プロダクションの選択方法

の4つについて徹底的にご案内させていただきます。
この記事を目を通したとき、あなたは現在よりももっと歌手に近づいていると思います。

1. 歌手の仕事とは

1-1. 歌手の仕事をするにあたって

歌手は歌うことが仕事の人のことをいうのです。
一口に歌手としたところでジャンルは色々で、

・一人で働くソロ歌手
・バンドやユニットを編成して動く歌手
・アイドル性を重点にしたアイドル歌手
・声楽を習得したオペラ歌手
・演歌歌手など。。

歌手として実績を残している人は多数います。
テレビの方へはほどんど出演しないで、歌を歌うことに特化する歌手と、
テレビ等々で露出を大きくさせて関心を集める歌手

歌手としての活躍の場は大別して2ケースとなると言えます。
1-2.音楽業界の仕組み

音楽業界の仕組み

①プロダクション
②レコード会社
③音楽出版社

…歌手との関わりを、順にお話していきます。

①プロダクション

歌手とマネージメントの契約を結びます。
歌手自身のブランド力を引き上げたりプロモーションを行なったりといった『歌手育成の為の体制』です。

②レコード会社

歌手と録音契約を締結します。
CDの制作・販売・プロモというような『CDを売ることを目標にした組織』です。

③音楽出版社

歌手と著作権の契約をします。
楽曲の録音権利・演奏権利・譲渡権利など主として『著作権などの権利をコントロールする組織』です。

オーディションはこういった類の組織の中で、

①プロダクション、②レコードオフィスが展開しています。

歌手になったら、これらの組織に在籍してセールスプロモーションを受け、コンサート活動やCD売買、企業CMといった楽曲を歌うことから儲けを出すことです。

2. 歌手になるためのオーディション

歌手のオーディションには、大別して2種類用意されています。
オーディションの種類

・レコード会社のオーディション
・プロダクションのオーディション

こういったオーディションは、主催が異なってくるだけでオーディション内容はほとんど同一です。

行われるオーディションは多いですが、参加したからといって必ず歌手デビューできるわけではないです。

歌手となるためのベースを学習しながら、業界と強く関わりあうプロダクションに入ることこそが、歌手になるこれ以上ない最短ルートといえるでしょう。
2-1. オーディションの流れ

オーディションは次の順で進行することが一般的と言えます。

①書類審査
   ↓
②自己PR・実技
   ↓
③合否発表

各々説明をしていこうと思います。

①書類審査

オーディション用履歴書に自前のプロフィールなど基本項目を記載します。

・氏名や年齢などといったプロフィール
・志望動機
・自己PR

書き込んだらオーディション先に応募します。

②自己PR・実技

書類審査に通過したら、審査員に向けてあなたの歌をお見せします。
気負いしないであなたらしさを100%発揮しましょう。

自己PRでは歌を発表すること以外に、ご自身の趣味や特技を紹介します。

・審査員の受けの良いように
・他の受験者と差がつく具合に

この2点に集中してチャレンジしてください。

③合否発表

オーディション以後、2週間以内に「展望を感じた人にだけ案内」というスタイルがほとんどです。

合格にこぎつけることで、歌手に向かっての道を一歩踏み出せます。
2-2. プロダクションの選び方

プロダクションの選定するポイントは、「あなたがどういった歌手となって、どういった活躍をしたいのか」ここが実現できそうな環境ということが大事です。

WEBサイトに掲載されている情報のみでは、プロダクションの現実はわからないです。

良いなあと感じ取ったプロダクションをまずは受験してみて、実際のところ話を聞くチャンスを作ってみるのも良いと思いますよ。

3. 倍率3000 倍を勝ち抜くそれなりの必勝法

3-1. オーディションにパスする選曲の注視すべき点

歌手のオーディションというのは、選曲次第で合格か否かが分かれるといわれるくらい選曲は肝要です。
選曲の攻略方法は自分にマッチした曲を選ぶことが大切です。

オーディションでは、あなたに合った曲を歌い、
どれだけ審査員の目にとどまることが出来るということが重要です。
あなたに合った曲を選択するキーポイントは、あなたの音声を知ることが重要です。

カラオケやスタジオで特訓を行なっている場合、毎度録音を行って聞いてみたらいいと思います。
あなたの音声その中でも聞いていて大丈夫じゃないかと感触を得るポイント(音域)が発見できるはずです。

その音域を一番よく使用する曲(熱唱していて心地良い曲)が、
あなたにちょうどいい曲と言えます。
高音や低音に無理がなくて、あなたが歌いやすい音域の歌をセレクトしてください。

3-2. オーディションで心に留めておきたい注視すべき点

オーディションで心に留めておきたいポイントは、「クセが強烈過ぎる歌い方」や「他人の真似をやらないこと」です。

声が震えてじょうずに歌えないことだってあると思いますが、やはり考えとして肝心なのはあなたらしさ。

そして、自前の優れた点に気づき、これを対面している審査員にアピールしたいという強い感情が必要です。

レコード会社やプロダクションは「これまでなかった人材」を調査しています。

とうにいるミュージシャンにそっくりの歌声よりも、あなた特有の歌声を聴きたいと理解していますから、上手く歌おうとしないで、自分の音声や表現を披露してください!
3-2. オーディションを勝ち抜く歌唱手法

声の届け方がしっかりとできているか否かは、審査員として即座に見抜かれてしまっています。
しっかりした歌い方がが行なわれているだけで、合格する展望は大きく上昇します。
次の様な歌唱手法は、オーディションまでに何が何でも習得しておくようにしてください。

・地声 チェストボイス

 当たり障りなく普通に話す時とほぼ同じで出す声。

・ファルセット
芯無しの裏声。
息がたくさん優しいイメージ。

・ビブラート
一定間隔で振動した音声。

・ウイスパーボイス
囁くといったような息の多い音声

・ヘッドボイス ミドルボイス
強力で一本筋の通った音声

これらのもの5つの正当な歌い方のコツをコントロールしておけると、自信にさえつながるのでボイスレッスン等々で落とし込んでおくのも良いのです。
3-3. 審査員はここを見ている

芸能人 オーディション

あなた自身で審査員であれば、どういうことをチェックしますか?

「歌手として頑張れるか」
「注目を集めそうか」
「人間として信用できるか」

こんな点を見るかも知れません

決して歌手としてパーフェクトな人は求めていないです。

・人としての礼儀があるか
・挨拶はきちんとできるのか
・歌に対し意識を注げる人か
・自分をアピールする心はあるか
・ゆるぎない音程、歌に関して知識は在るのか

こういったものがピッタリ合う人は、
きっと審査員の目にとどまることが考えられます。

4. 人気歌手を目指すための 2 つのステップ

4-1. 個性を見つける 3 つのこと

①あなたの好きなことを極める

やりたい事をしている人って、キラキラしていて見ている人も活気や勇気を受けます。

これについては内に秘める「魅力」を強めるポイントにもつながります。

魅力的な人間になれるように、「わくわくできるあなたのやりたいこと」をみつけて極めていきましょう!

②周囲から素晴らしいと言われることは?

あなたのアピールポイント、苦手なところの自己分析はうまく行っている人もいるのですが、「周囲からあなたがどう読まれているか」は知らない人も多いです。

「周囲の人が褒め称えてくれること」

これはあなた自身にとってアピールになる注目点!

まずは親友や身内に、あなたのイメージを聞いていきましょう。

これまで気づかなかったあなたの良さを見つけられるかもしれません。

③周囲からどういう風に思われたいか?

今のわたしは、静かな印象を持たれるでも、周囲を和ますことが出来る、素敵な人を目指したい!

このように「理想像の自分」を持ち合わせていますか?

今のあなたと理想のあなたの差は何か?

どうやったら理想に接近していけるのか?

人前に立つ人間は惹きつける力が不足していると人気を手に入れることは不可能です。

いつだって向上する意識で、自分を磨いていくことが重要です!
4-2. 今日からできる 3 つの習慣

①ボイストレーニング

最も基本的なことですがやはりボイストレーニングは不可欠です。
ボイストレーニングでは、基本にある声の出し方で高音域も自然に出せるようになったりとか、喉を傷つけない歌い方といった独学のみでは限界がある、歌手になる上で重要な技術を身に付けることができます。

費用は生じますが、未来プロの歌手に向かっているならボイストレーニングは取り入れておかなければならないでしょう。

②健康的な身体づくり

歌を長い歌い続けるには、体力や筋力が必要不可欠です。

ロングトーンを作り続けるにはベーシックな歌唱手法や、ライブ状況ではビックリするほどスタミナを消費するので、スタミナをつけるためにもジョギングを行い、筋トレや体幹トレーニングを行ない歌う為の体作りをしてください。

この部分だけでもぐっと歌いやすくなると思います

③感性を磨く

歌にとっては想像力も必要となります。

想像力力を培うには「本読み」をおすすめします。

活字だけの本を読むことによって、シナリオのイメージをあなたの頭の中で大きくすることこそが、いいレッスンに変化します。

そのうち作詞を行うときに役立つことになります。

「映画」や「ミュージカル」を見ることも、豊富な想像力形成のためにも積極的に実践したいことです。

歌には直接的な要素もあれば空想上の描写も存在します。

やっぱり映画やミュージカルというような非日常を手っ取り早く実感できる方法は、イメージ力やセンスを研ぎ澄ましてくれる契機となると断言できます。

・音声領域を展開したり、喉を傷付けない歌い方を学習するための「ボイスレッスン」

・長い歌い続けることを目標にした「スタミナつくり」

・演出豊富な歌手になるための「センス磨き」

5. 結び

歌手を目指すための最良の最短ステップはありません。

あなたがどんな歌手を目標としたいのか、「望む歌手像」をハッキリさせて、どういった方法で歌っていくつもりなのか 何よりも気持ちを統一してみましょう。

それに見合った思いにフィットすると考えられたレコード会社やプロダクションをセレクトして、オーディションにチャレンジしましょう。

あなたは歌手になれるのか不安に感じることはありません。

歌いたいという強烈な感情があれば、必ずルートは開放してきます。

夢へのまず初めの一歩を踏み出すためにも、オーディションにチャレンジしていきましょう!